法人成りのタイミング

01.13

法人成りのタイミング はコメントを受け付けていません。

節税について、個人事業では節税の選択肢が限られるため、ある程度の利益がでるようになったら、法人成りしたほうがよいです。
そのタイミングについては、概ね、個人事業主時代の所得(≒最終の利益)が600万円~800万円になるときが一つの目安です。
このラインを超えてきたら、法人成りを検討しましょう。
逆にそれ以下の時は、個人事業主にもメリットはありますので(税務調査が来づらい、法人税均等割7万円といった税金がかからない)、無理に法人成りしなくてもよいかと思います。

CVC会計グループは、真に経営に寄り添うサービスを提供致します。
それは、私たちが、会計事務所以外に実際のビジネスを経営しているからこそできることです。
無料相談、セカンドオピニオンも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る