輸出免税

01.04

輸出免税 はコメントを受け付けていません。

先日、弊社のクライアントに税務調査が入り、EMSを使った輸出取引について、輸出免税の要件を満たしているか、詳しく調べられました。

その際に、条文では取り扱いが不明で、日頃から疑問に思っていた下記3点について調査官に確認をしました。

 

20万円を超える物品をEMSを使って輸出した場合に、輸出免税が受けられるか?

EMSの伝票に商品内容や金額を正確に記載しないと、輸出免税は受けられないか?

③どの商品を誰に売ったか、仕入と売上を、紐付きの関係で管理しないと、輸出免税は受けられないか?

 

①について。

本来は、20万円超の輸出は輸出許可証を取る必要がありますが、中国で輸入する際の関税を抑えるためや、日本での発送手続きの簡便さなどから、20万円を超える場合にも輸出許可証を取らずに、EMSで発送している会社もあると思います。

このケースについては、輸出免税とは認められず、仮に税務調査で判明した場合には、課税売上とされます(売上金額の8/108を消費税として納めます)。

20万円超の時計などをEMSで輸出している会社は、十分にお気を付けください。

 

②について

時計など、人気のある小型の商品の場合、EMSの伝票に”時計”と記載すると盗難の恐れがあるため、”雑貨”など、曖昧な記載をすることがあると思います。

また、盗難の防止や、やはり関税を抑えるために、実際の金額よりも安く記載することが多いと思います。

このケースについては、伝票の記載が事実と異なっていても、輸出免税となります。

但し、輸出免税を受けるための条件として、販売先の氏名・住所・連絡先等、販売日、商品内容、金額等、販売に関する詳細な情報を別途記録しておく必要があります。

タオバオなどの管理画面にはこういった情報がありますので、それらをデータとして保存してください。この保存を忘れて、かつEMSの伝票も事実と異なる場合、調査で判明すれば、課税取引とされます。

またタオバオなどを利用していない会社は、上記の詳細な情報を、自社でエクセル等で作成する必要があります。

 

③について

仕入と売上を紐付きの関係で管理する必要はありません。

 

EMSを使った輸出取引を行っている会社は、十分にお気を付けください。

 

CVC会計グループは、真に経営に寄り添うサービスを提供致します。
それは、私たちが、会計事務所以外に実際のビジネスを経営しているからこそできることです。
無料相談、セカンドオピニオンも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

提携企業

ミャンマー専門支援ビジネス

ページ上部へ戻る