关于遗产税和赠与税的修改

03.08

关于遗产税和赠与税的修改 はコメントを受け付けていません。

这是和各位有很大关系的税务制度上的修改。

如果本人在日本拥有住址的话,当将中国的财产赠与给在中国的孩子时,或者本人亡故之后将财产继承的时候,都将需要缴纳日本的赠与税和遗产税。

以前是只针对在日本的财产的赠与和继承,201741日以后所有财产的赠与和继承都将成为日本税金的对象。

另外,不仅仅是目前在日本居住的人,过去10年内在日本有过住所的所有人,即使已经返回中国,10年之内也将是日本赠与税和遗产税的对象。

 

现实中,税务局估计难以捕捉中国国内所有发生的遗产的赠与、继承,不过制度上如上面所述。请大家注意。

 

这个税务制度上的修改,主要是为了限制日本人移居新加坡以逃脱遗产税的情况发生。不过,各位也成为了符合条件的对象。

 

如果有不明白的地方,请随时联系我。

 

 

相続税及び贈与税の改正

皆様にとても大きな影響のある税制改正がありました。

日本に住所のある方(皆さま)が、中国にいる子供等に、中国の財産を贈与した場合、または亡くなって、中国にある財産を相続した場合、日本の贈与税や相続税がかかることになりました。

今までは、日本にある財産を贈与・相続した場合だけが対象でしたが、平成2941日以降は、全ての財産の贈与・相続が、日本の税金の対象になります。

そして、今現在、日本に住んでいる場合だけでなく、過去10年の間に日本に住所があった方も対象になりますので、たとえ中国に帰国した後でも、10年間は、日本の贈与税・相続税の対象になることになります。

 

現実的に、税務署が、中国国内で行われた贈与・相続を捕捉することはできないでしょうが、ルール上は、上記の通りとなりますので、ご注意ください。

 

この税制改正は、日本人が、相続税を逃れるためにシンガポールなどに移住するケースを規制する趣旨ですが、皆様は、この規制該当することになってしまいます。

 

ご不明点等ございましたら、いつでもお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

CVC会計グループは、真に経営に寄り添うサービスを提供致します。
それは、私たちが、会計事務所以外に実際のビジネスを経営しているからこそできることです。
無料相談、セカンドオピニオンも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

提携企業

ミャンマー専門支援ビジネス

ページ上部へ戻る