軽減税率の事例

04.27

軽減税率の事例 はコメントを受け付けていません。

雲行きの怪しい消費税増税ですが、予定通り実行されると、来年の41日から消費税が10%になり、一部の飲食料品については軽減税率として8%に据え置かれます。

先日、国税庁から、軽減税率8%の対象となる具体的ケースについてQ&Aが出ましたので、事例をいくつかお伝えしたいと思います。

ポイントとして、生活に密着している飲食料品は軽減税率の対象であるのに対して、アルコールやレストランでの食事は、ぜいたく品であり、原則通り10%となります。

 

①ビールは10%だが、ノンアルコールビールは? → 8%(水と同じ扱い)

②机も椅子もないカウンターだけの屋台のおでんは? → 食事する設備(カウンター)があるので10%(レストランと同じ扱い)。食事をする設備が一切なく、客が近所の公園のベンチを勝手に使うような屋台の場合は8%

③移動販売のお弁当は? → 8%(食料品の販売)。但し、机や椅子が設置されていて、そこで食べる場合は、10%

④ルームサービスは? → 10%(レストランと同じ扱い)

⑤レストランでテイクアウトした場合は? → レストランでも、初めからテイクアウトとして購入する場合は8%(食料品の販売)。

⑥イトーヨーカ堂のフードコートでマックを食べたら?(机と椅子を用意しているのはマックではなく、イトーヨーカ堂だが?) → イトーヨーカ堂とマックとの間で、イトーヨーカ堂の机と椅子を使う契約になっているので、レストランと同じ扱い。10%

 

軽減税率に関して、会社の経理として、少し困る状況もあります。

10%8%の物を購入して、割引券を使った場合、10%の合計金額と、8%の合計金額を計算して、割引額をそれぞれに按分して経理処理する必要があります。

そのため、割引券は、8%の物と10%の物が混ざらない買い物の時に使用したほうが、経理上はラクでしょう。

CVC会計グループは、真に経営に寄り添うサービスを提供致します。
それは、私たちが、会計事務所以外に実際のビジネスを経営しているからこそできることです。
無料相談、セカンドオピニオンも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

提携企業

ミャンマー専門支援ビジネス

ページ上部へ戻る